独り身の私、大歓喜!「ワタシが私を見つけるまで」

 

f:id:lilacblue:20210203210416p:plain

 

 

Netflixのレコメンドにながらく保管されていたこちらを先日やっと解凍しました。

邦題は「ワタシが私を見つけるまで」なんですけど、元のタイトルは「How To Be SINGLE」。

正しいシングルのすすめ、といったところでしょうか。

邦題よりも、シングル女子たちは元のタイトルの方が食いつきそうな気がしました。

 

 

あらすじ

 

これまで一度も彼氏が途切れたことのないアリスは、自分を見つめ直すべく同棲中の恋人と距離を置くことを決め、ニューヨークで暮らす産婦人科医の姉メグの家に転がり込む。アリスが就職した法律事務所の同僚ロビンは、毎日のように違う男性と一夜限りの関係を楽しんでいる。一方、ロビンが通うバーの上で暮らすルーシーは結婚願望が強く、デート相手紹介サイトで夫探しに明け暮れていた。 (映画.comより)

 

 

アリス役を「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソンが、

ロビン役をレベル・ウィルソン、メグ役をレスリー・マン、ルーシー役をアリソン・ブリーが演じています。

 

 

この作品、ブルネットの髪をショーロボブにしているダコタちゃんがとにかく可愛かった…!!

 

ワタシが私を見つけるまで | Netflix

 

作中で結構赤い服をきてるんですけど、着こなしかたがとってもガーリーで可愛かったです。

派手すぎないのに華やかさはちゃんとあってすごく好みのファッションでした。

 

 

 

あと、彼女が住んでいる部屋がめちゃくちゃ可愛いです。

f:id:lilacblue:20210203213719p:plain


レトロチックなインテリアがとっても素敵…

アメリ」のアメリや「500日のサマー」のサマーが好みそうな雰囲気。

 

一人暮らしの部屋作りにめちゃくちゃ参考にしたい部屋です。

 

 

彼女は、ロビンと会う前はそんなに奔放な正確じゃなかったのに、ロビンと友達になるやいなや光の速さでビッチに。

この潔さというか、楽しいことに全力な感じがすごくパワフルに描かれていて活力をもらえます。クラブシーンは観ているだけでもめちゃめちゃ楽しい。

 

 

f:id:lilacblue:20210203212851p:plain

 

そしてこちらが問題のロビンです。

彼女のはっちゃけかたがこれまた一段とすごい。

 

朝まで遊んで仕事には遅刻。
二日酔い対策に乳児用ミルクを飲んで砕いた薬を鼻から吸引……笑

 

アリスとその姉・メグの住む部屋では、メグが作った禅庭におしっこをする始末。
「猫用トイレかと思って…」と茶目っ気たっぷりに返していますが冷静にやばいと思う。

 

そんなやばい奴も、レベル・ウィルソンの演技力にかかればやばくて面白い奴に早変わり。やっぱりレベル・ウィルソンってすごい。大好き。

 

最初こそロビンにドン引きしていたメグも、次第に仲良くなっていきます。

 

 

 

f:id:lilacblue:20210203213014p:plain

 

この作品に出てくる女性達はそれぞれ性格がまるで違っていて、そこがまたいい味を出しているというか、それぞれの生き方のどれもがすごく素敵でした。

 

恋人を作っても作らなくても、結婚してもしなくても、子供を産んでも産まなくてもいい。

どんな道でも、自分が選ぶ道が自分らしい在り方に繋がっているんだなと感じられる作品でした。

 

 

 

 

作品紹介

ワタシが私を見つけるまで

f:id:lilacblue:20210203213232p:plain

 


公開年:2016年

制作国:アメリ

ジャンル:コメディ、恋愛

キャスト:
ダコタ・ジョンソンレベル・ウィルソンレスリー・マンアリソン・ブリー

スタッフ:監督 クリスチャン・ディター、脚本 アビー・コーン、マーク・シルヴァース、タインデイナ・フォックス